IT社会が広がりを見せるなか、 事業や案件によりエンジニアの職種や仕事内容は多角化していっています。 現在でもこれくらいの種類のエンジニアが存在しています。

  • フロントエンドエンジニア
  • サーバサイドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • サービスエンジニア
  • 組込みエンジニア

名称には明確な基準があるわけではなく、企業により呼び方が異なったり対応する業務範囲が異なったりする部分がありますが、それぞれどんな役割をしているのか、その働き方ややりがいなどをエンジニアの種類ごとにご紹介したいと思います。

1.エンジニアの仕事内容とやりがい

フロントエンドエンジニア

仕事内容

Webやアプリの見た目に関わる部分を担当するエンジニアで、「アプリケーションエンジニア」とも言われます。

一般的に「業務系アプリ」、「Webアプリ」、「スマホアプリ」といった開発に携わることが多く、 デザイナーのデザインをもとにユーザの目に触れる部分(ユーザインターフェース)の調整やカスタマイズを行なったり、企業によってはデザイン自体を任されることもあります。

ユーザが 直接目にする部分を担当するため、細かな画面のズレや色彩、ユーザビリティを意識しなければならない重要な役割です。

開発現場では、デザイナー担当や機能部の開発担当といった周囲の人との連携をとりながら画面仕様を詰めていく必要があるため、社内調整力やコミュニケーション力を必要とされます。

やりがい

自分が書いたプログラムがそのまま画面に反映されることの開発段階での楽しさや、ユーザに一番近いモジュールという責任を感じることができます。

サーバサイドエンジニア

仕事内容

製品やアプリのひとつひとつの機能の処理を開発するエンジニアです。 Webアプリの現場ではフロントエンドエンジニアと対で使われます。

データ管理プログラムやWebサイトの見た目以外の部分、つまり裏側で動く処理プログラムの開発を担当します。
要件を踏まえて、どんなデータ構造にするか・アルゴリズムを作るかなどの設計から開発を進めます。このとき、セキュリティ分野やデータ管理、ネットワーク周りなどのあらゆる観点が必要となり、処理速度や機能そのものの性能といった面でも考慮する必要があるので、幅広い知識を必要とされます。

やりがい

ユーザからは見えない地味な部分ですが、機能そのものを作り上げるという大事な基礎を担当できます。また、データの流れや処理全体のロジックを把握できる楽しさがあります。

インフラエンジニア

仕事内容

企業によってはサーバーエンジニアと定義が重なる部分があり、広義の意味として使われることがあります。
コンピュータの選定・導入からサーバー構築、通信ネットワーク管理など、システムが稼働する基盤を作り上げるエンジニアです。

開発する製品の仕様や性能を考慮したうえで、適した機器を選定し、それぞれ設定を行ないます。
この基盤部分に異常があるとシステム自体が動かなくなったり、その後の開発作業が止まったり大きな影響がでるため、管理能力も必要とされる重要な役割です。

やりがい

システムの根幹の開発に携わることができます。また、縁の下の力持ちとしてシステムが安定に稼働できるよう、慎重さかつ重要さが求められる業務を担うことができます。

サービスエンジニア

仕事内容

既に完成したシステムや機器の保守・点検・修理を行ないます。営業と一緒に顧客先へ出向いたり顧客先へ常駐することがあり、カスタマーエンジニア/フィールドエンジニアとも呼ばれます。

システムを一から構築するエンジニアとは異なり完成したシステムや機器を扱うので、そのシステムや機器そのものの仕様や障害時の復旧方法を把握していなければなりません。
また、顧客(ユーザ)との関わりが多いことから、コミュニケーション力やその場その場での瞬時の判断力が必要とされます。

やりがい

顧客(ユーザ)に近い存在となり、自身の携わるシステムや機器の評価を直接受けることができます。また、困っている人の役に立てているという喜びを感じることができます。

組込みエンジニア

仕事内容

家電製品や機器といった機械の中に組込まれたコンピュータを制御するシステムを開発するエンジニアです。
主にソフトウェアの開発が中心ですが、案件によってはソフトウェアとハードウェアを総合的に開発する場合もあります。

開発現場では機械に自身のプログラムを組込んで実際に動かしたりしながら開発を進めていきます。万が一システムがエラーを起こして機械が停止しないよう、あらゆる状況を想定しながらプログラミングをする必要があり、機器によっては人に怪我をさせてしまったりする可能性があるので、慎重かつ念入りにテストが行われます。

やりがい

組込んだ自分のプログラムで実際に機械が動くことを実感できます。

2.まとめ

ご紹介したとおりシステムエンジニアにもたくさんの種類があり、それぞれ担当領域や必要なスキルが異なります。
これからエンジニアを目指す人には、自分がどのエンジニアに向いている/興味が持てそうかをイメージして、自分に合った職種をぜひ探してみてください。